harustory’s diary

日々の思索、その物語

2018-03-01から1日間の記事一覧

ひぐらしのなく頃に-北条悟史の物語-

わたしは良心を持っていない。わたしの持っているのは神経ばかりである。芥川龍之介『侏儒の言葉』「雛見沢症候群」。それは『ひぐらしのなく頃に』という作品中の架空の風土病。発生には幾つか要因が考えられるが、その一つに精神的変調がある。 登場人物の…

就職

あれは確か暑い夏の時分。蝉の鳴き声が忙しなく響いては、その儚き命を、おのが存在の宿命を痛哭しているような日。教育実習を終えた僕は、教員採用試験を受けること(翌年に受け一次学科合格)も、私立学校を調べることも、一般企業に就職しようとすることも…

ただ美しく

「自分は美しい存在でなければならない。」 この妄念は中学以来、僕を苦しめつづけ、また操り続けた。自分の意思をこえた何か悪魔的な存在者が常に僕を苦しめつづけ僕の精神を支配してしまっていたように感じた。 中学に入学した僕は自分が特別な存在だと思…

天人五衰

天界に住まう天人であれ、その姿は衰えていくという。ああ、僕の頭上の花鬘は、やがてその糸に綻びをみせるであろうか!ああ、私の透き通るような衣は埃と垢をつけるであろうか!私の腋下からは汗が滲み、目眩は感覚をずれさせるであろうか!そして、ぼんや…

Lament of the Lamb

2002年、中学生の僕は衝撃を受けた。『羊のうた』という名作に出会ったからだ。 僕は魅了された。作品に、そして冬目景という人物に近づきたいと渇望した僕は、おぼえはじめたばかりのパソコンの掲示板に書き込みをしたり、思いきってオフ会にいったり、冬目…